1. ホーム >足湯の効果 足湯de会議

足湯の効果 足湯de会議

                 

あのスティーブジョブス(アップル社創業者)はじめ多くの欧米の経営者は散歩ミーティングで効果を上げているということです。
散歩することで閃き発想が浮かびやすくなったのです。


その理由は
足で歩くことで全身の血流が高まり、脳の血流も上がり主に発想力を高める前頭葉が活性化するのだと思われます。

ドラマや漫画などで化学者が実験机の回りをウロウロしながら考えてパット閃くシーンがよくありますね。
 

そんな効果的な散歩ミーティングですが、これまでのミーティングの常識とは かけ離れており、メモを取りずらい、携帯端末機器を使えない、また寒い冬や暑い夏など季節によっては逆効果に・・・・といった現実的な懸念もあります 。
そんなわけで 確かに散歩ミーティングは効果があっても、実行するとなると・・・

そこで
外へ出て歩かなくても足を温めて脳を活性化させる良い方法があります。

そうです 日本には足湯があります!

足湯は脳(脳幹)を活性化するには、とてもいい方法なのです。
ここでお勧めするのが足湯de会議

   

 

足湯で足を温めることで全身の血行が良くなることはよく知られています。
足湯をしながらミーティングをすると・・・

1:血液循環が良くなるので脳が活性され 発想力がアップします。

2:気持ちが和やかになりコミュニケーション力がアップしま、活発な意見が出ます。実際高齢者施設などでは入所者同士が足湯を通してコミュニケーション力がアップしています。

3:会議の時間が短縮し、ダラダラ会議が解消されます。

 

  

           

                  

                      足湯de 会議にピッタリの足湯システムがあります。 

                   

湯効利用

           体温を1℃アップさせると健康になる

                                     ご存知ですか?足湯の効果

足湯が人気

今、全国いろいろな施設で足湯を楽しむことができます。
足湯に入るとみなさん開口一番  
「わ~~~気持ちいい~ あったか~~い!
気軽に楽しめる足湯の人気 その人気の理由は・・・

今、足湯がとても人気ですがその人気の理由は・・・
☆足湯は、第二の心臓といわれるふくらはぎを温めることにより全身の血行が良くなり、体全体が温まります。
☆足湯は、心臓などに負担が少なく高齢者にも安心です。
☆そしてなんといっても足湯は、服を着たままで楽しめます。
☆老若男女ワイワイ楽しみながらコミュニケーションの場となります。

など、足湯は、、気軽に楽しめる事が人気を集める理由です。

 

湯効利用・・・・・身近にあるお湯 健康増進のためにお湯を湯効利用しましょう

足を温める足湯は、体全体に効果的です。その足湯の効果について少しご紹介しましょう。


足湯の効果1:血液循環の改善

足湯には血液循環を改善する効果もあり、特に下半身の血液循環の改善に効果的だと言われています。足の血液循環が悪いと余分な水分が足に溜まり、むくみを引き起こすと言われています。         
足湯にゆっくり浸かり足のむくみをしっかりと解消することができるでしょう。
また足の血液循環は、内臓の機能にも影響を及ぼすと言われています。しっかりと血液循環を整え、老廃物を外に出すのに足湯は非常に効果的です。また血液循環が良くなることで足の冷えも解消されることでしょう。

足湯の効果2:体温を上げて免疫力アップ!

足湯をすると血液循環がよくなりその結果体温が上がり 免疫力アップにつながります           
足湯によって、代謝が良くなって体が痩せやすくなり、免疫力が高まって病気になりにくい体質を目指しましょう

足湯の効果3:疲労回復効果

足湯には疲労回復効果もあります。足の裏には色々なツボが集中していますので、体の疲れに対応するツボが温められ、老廃物を流してくれます。そうすることによって、疲労を回復させることができるのです。少し体が疲れているなと感じた時には、足湯をしてみると良いでしょう。

足湯の効果4:自律神経のバランスを整える

自律神経がおかしくなってしまうと、頭痛やめまい、息切れ、動悸、倦怠感、疲労感などに悩まされます。そのほとんどはストレスが原因だと言われています。足湯はそのような症状をやわらげ、自律神経を整える効果があると言われています。足湯で体と心を共にリラックスさせ、健康的な生活を送りたいですね


足湯の長所

そんな効果が期待できる足湯の一番の長所は、何と言っても裸にならなくても老若男女一緒に足湯を楽しめて、体と心を癒す事が出来る点です。
食事をしながら  仕事をしながら  テレビを見ながら  読書をしながら  電話をしながら  お茶をしながら 会話をしながら
足湯は、ながら健康法の一番手。何をしながらでも手軽に楽しむ事が出来ます。

足湯の楽しみ方


足湯温度:38~40℃くらいのあまり熱くない湯温で。
足湯水深:くるぶしより上。できればふくらはぎまで浸かれるとベストです。
足湯時間:15~20分
手軽に行える健康方法である足湯も、持病をお持ちの方や、体調不良などの方は、特に気を付ける必要があります。

①汗をかくまで頑張る方もいますが、発汗に余分なエネルギーを必要とし、かえって疲労を高めます。足湯は、適度な時間行いましょう。

②冷えがひどい方は足湯を始めた時は体が温まった感覚がない事もあります。
しかし、毎日足湯を続けられれば、冷え性も軽減し、体も温まって来るでしょう。
永年かかって作られた冷え性体質です、一回の足湯で効果を求めずに長く、続ける事をお考え下さい。
足湯をした後は、身体が冷えないようにすぐに靴下などを履くと良いでしょう。
綿や絹のソックスを重ね履きすることで、足が温かく保たれ、足湯の気持ち良さが長持ちします。

③心臓病、高血圧、低血圧、糖尿病や神経障害などの方が足湯をされる場合は、低い温度(38℃位)で10分間位から始め、徐々に足湯の時間を延ばして下さい。病気の治療中の方や治療直後の方は医師に相談の上、足湯をお楽しみ下さい。

④ 足湯中や終わった後、温かい白湯を飲んで水分補給をしましょう。身体のデトックスに効果的です。
ご自宅の足湯に変化を持たせたいのであれば、お湯に入れる物を工夫することができます。どのようなものを足湯に入れることができるのでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。

 

足湯の効果を上げるために


足湯効果アップ法1:ハーブやアロマオイルを使う

自宅で足湯をするときにアロマオイルを入れるのも効果的です。効能と組み合わせを確かめながらご自分の好みに合わせて足湯に入れるると、リラックス効果や血行促進効果が得られることでしょう。足湯での発汗効果を高めてくれます。


足湯効果アップ法2:炭酸泉

炭酸泉は通常のお湯より数倍血流が増します また弱酸性なので制菌効果もあります 
足に微細な炭酸の泡がつくのでtまるでラムネの中に入っているようです    
普通のお湯の足湯は時間とともに冷めるので途中で熱い湯を足す必要がありますが 炭酸泉ならば体感湯温は2~3℃高く感じられるので冷めたままでも大丈夫です    
炭酸足浴はおうちで全身浴ができないような方や健康に自信を持てない方には特におすすめです。
足湯での発汗効果を高めてくれるので普通のお湯よりも早めに温まります。

おわりに

少ないお湯で簡単にできるので、冷え性の方はできれば毎日足湯をされることをオススメします。         
前述のとおり 冷えがひどい方は足湯を始めた時は体が温まった感覚がない事もあります。
しかし、毎日足湯を続けられれば、冷え性も軽減し、体も温まって来るでしょう。
永年かかって作られた冷え性体質です、一回の足湯で効果を求めずに長く、続ける事をお考え下さい。

 

 

 

炭酸泉やどこでも足湯、軟水器、水素水等は炭酸足湯処「泡庵~あぶくあん~」にて体験入浴頂けます。
お気軽にお越し下さい。
尚、ご希望の方は必ず事前にご予約の上、ご来社頂きます様、よろしくお願い申し上げます。

<㈱アクト (泡庵~あぶくあん~)>
住所:東京都調布市仙川町1-3-27
電話:0120-86-4126
OPEN時間:平日10時~17時アクトのショールーム
泡庵~あぶくあん~
     の地図はコチラです!

どんなことでもどうぞお気軽にお問い合わせください。

軟水器・24時間風呂など自社製品の中古機あります!

このページのTOPに戻る